韓国女優注目トピック
韓国女優最新ニュースから厳選した韓国女優記事をピックアップ。今いちばんホットな韓国女優お宝情報は?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キム・テヒ、悪女キャラを新感覚で見事に表現
女優キム・テヒが、広く悪女として知られている張禧嬪(チャン・ヒビン=張玉貞)に
対する新しい解釈で人目を引いた。

キム・テヒ画像20130409
初体験の時代劇を違和感なく演じた韓国女優キム・テヒ



 4月8日に初放送されたSBS(ソウル放送)の新しい月火ドラマ『張玉貞(チャン・
オクジョン)、愛に生きる(以下、張玉貞)』では、主人公の張玉貞(キム・テヒ扮)の
幼少時代から針房内人に成長するまでの過程が描かれた。特に、張玉貞が朝鮮
時代の実力あるファッションデザイナーだったという設定が引き立った。 これまで
女優キム・ヘス(02年)やチョン・ソンギョン(95年)らが演じた張禧嬪キャラクターは、
古代小説『謝氏南征記』が作り出した毒々しい悪女イメージを払拭することができな
かった。しかし『張玉貞』では、キム・テヒを才能と女性美を兼備する新しい張禧嬪と
して描き出した。

 この日の放送の序盤で描かれたファッションショー場面で、キム・テヒは両班
(ヤンバン、朝鮮時代の貴族階級)の夫人たちを相手にファッションショーを開き、
自分が作り出した服を“完売”させるなど手腕あふれる姿を見せた。また張玉貞の
卑しい身分に因縁をつけ、ファッションショーを台無しにした上流階級の夫人に
対しても胸を張って振舞う新しい女人像を描き出した。

 『張玉貞』を通じて初めて時代劇に挑戦したキム・テヒだったが、時代劇ならではの
セリフの言いまわしやトーンを大きな違和感なく消化した。

 一方、『張玉貞』は王室の服と布団を作る針房内人の張玉貞(キム・テヒ扮)が、
身分制度を乗り越えて堂々と自分の人生と愛を開拓していく物語を描いたドラマ。
女優キム・テヒは劇中、王と恋に落ち数奇な運命を生きることになる朝鮮時代の
ファッションデザイナー張玉貞役を演じている。


ISPLUS/中央日報日本語版 2013.04.09より



~~~韓国女優注目トピック~~~

テーマ:韓国女優 - ジャンル:アイドル・芸能

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。