FC2ブログ
韓国女優注目トピック
韓国女優最新ニュースから厳選した韓国女優記事をピックアップ。今いちばんホットな韓国女優お宝情報は?
リアルなベッドシーンを追求したイ・ミヨン
映画『肩ごしの恋人』

映画『肩ごしの恋人』(監督イ・オンヒ)で、クールな恋愛とセックス、
そして仕事を愛する32歳のチョンワンを演じるイ・ミヨンは、チョンワン
のキャラクターにとてもよく似ている。

 映画に登場するチョンワンは、男性よりも仕事を愛する。そのため、
愛されたいという女性の感情を、クールに装いごまかす。自分をごまかさ
なければならない、このような状況を、イ・ミヨンもしばしば体験している。


ベッドシーンに特に力を入れた韓国女優イ・ミヨン


 「時々瞬間的に寂しいと感じることが多くあります。私が繊細な性格
であるため、傷つくことも多いのですが、外向的に行動するときもあり
ます。クールなフリをするのです」

 イ・ミヨンの仕事に対する情熱も、チョンワンに似ている。特にベッド
シーン
のために注いだ努力は、舌を巻くほどだった。

 「ベッドシーンは恥ずかしいけれど、リアルに見えるように努力しました。
撮影の前日に一日かけてリハーサルをしました。ボタン1つはずすところ
からやってみるほど、ディテールにこだわって準備しました」

 イ・ミヨンベッドシーンのために、リハーサルだけでなく、女性監督
のイ・オンヒ、イ・テランと激しい議論を交わした。全員が30代の3人の
女性であるという共通点のためか、お互いが率直に性に対する考えを打ち
明け、ベッドシーンはリアルなものに仕上がった。こうした努力により、
新人の男性俳優とのぎこちなく難しいベッドシーンを自然に描くことに
成功した。

 イ・ミヨンのプロ精神は、それだけに留まらなかった。彼女は、写真家
という設定のチョンワンのキャラクターを作るため、親しい写真家のもと
を訪ね、指導を仰いだ。普段から写真を撮ることは好きだったが、正しい
指導を受けることが必要であると考えたためだ。

 衣装もキャラクターに合うと考える服を、自前で準備してきた。さらに
イ・ミヨンは、友人のヒス役に全く面識がないイ・テランをキャスティング
するため、進み出て一役買ったりもした。

 これらのことからは、映画に対する彼女の努力の様が見えてくる。この
ような努力のためか、イ・ミヨンの内面がチョンワンを通じて描かれて
いるように見える。

 日本の同名小説を映画化した「肩ごしの恋人」は、「アメノナカノ青空」
を演出したイ・オンヒ監督の2作目の映画で、18日に公開される。


パク・ジョングォン記者
スポーツ朝鮮/朝鮮日報JNS 2007/10/11より



~~~韓国女優注目トピック~~~

テーマ:韓国俳優 - ジャンル:アイドル・芸能

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する