韓国女優注目トピック
韓国女優最新ニュースから厳選した韓国女優記事をピックアップ。今いちばんホットな韓国女優お宝情報は?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本女性が最も好きな韓国女優・俳優は?
韓流ファンの日本人女性が最も好きな韓国の俳優と女優にイ・ミンホとユン・ウネ
選ばれた。

ユン・ウネ画像20141230
日本人女性に好感度が高い韓国女優ユン・ウネ



 韓国観光公社福岡支社は、先月開催したイベント「韓国ドラマの夕べ in 福岡」の
観覧客246人と韓国観光公社日本語ホームページにアクセスしたユーザー260人の
計506人の日本人女性を対象に実施したアンケートの結果を発表した。

 それによると、最も好きな俳優の1~3位にイ・ミンホ(13.1%)、ソン・スンホン
(12.6%)、キム・スヒョン(12.3%)が、最も好きな女優の1~3位にユン・ウネ
(19.0%)、ハ・ジウォン(17.7%)、ハン・ヒョジュ(11.6%)がそれぞれ選ばれた。

 最も行ってみたい韓国ドラマのロケ地は『トキメキ☆成均館スキャンダル』の撮影が
行われた全羅北道の全州郷校(14.8%)が首位に立った。 2位は『冬のソナタ』の
ラストシーンのロケ地、慶尚南道の外島(11.6%)、3位は『イ・サン』の主な舞台と
なった京畿道の水原華城(11.3%)だった。

 最も好きなドラマは『冬のソナタ』(8.1%)がトップを占めた。次いで、『屋根部屋の
プリンス』(7.6%)、『宮~Love in Palace』(7.1%)、『太陽を抱く月』(6.7%)、
『シークレットガーデン』(6.7%)などの順だった。


ソウル聯合ニュース 2014.12.30より



~~~韓国女優注目トピック~~~
スポンサーサイト

テーマ:韓国女優 - ジャンル:アイドル・芸能

ユン・ウネ、パク・シフと共演へ=『After Love』
女優ユン・ウネが韓中合作映画『After Love』に出演する。

ユン・ウネ画像20141117
これまで中国側から多くのラブコールを受けてきた韓国女優ユン・ウネ



 ユン・ウネの所属事務所は11月16日「ユン・ウネが『After Love』のヒロイン役を
演じることが決まった」と発表。 『After Love』は、直接的に表現することに慣れた
現代社会の愛とは異なり、ただ与えるだけの犠牲と愛に遅ればせながら気づいた
男女の悲しいラブストリー。

 ユン・ウネは同作でヒロイン役にキャスティングされたことを受け、キャラクターを
深く分析し、悲しくおぼろげな演技を繰り広げる予定。

 なお、女優ユン・ウネはこれまでドラマ『宮~Love in Palace』 『コーヒープリンス
1号店』 『会いたい』などでさまざまな魅力をアピールし、人気を集めてきた。


キム・ミファ記者
STARNEWS/朝鮮日報日本語版 2014.11.17より



~~~韓国女優注目トピック~~~

テーマ:韓国女優 - ジャンル:アイドル・芸能

ユン・ウネ側、悪質なコメントへの警告でありファンとの対立ではない
女優ユン・ウネ側は、ユン・ウネがファンサイトの会員と対立しているという報道に
対し、「悪質なコメントと対立しているだけだ」と説明した。

ユン・ウネ画像20141031
立場を明らかにした韓国女優ユン・ウネ



 ユン・ウネの所属事務所JARMYエンタテインメントの関係者は10月31日午前、
「継続的に悪質なコメントを掲載しているアンチファンに向けた警告文だった」と
明らかにした。

 さらに「1人の会社として活動していたが法人名義に変え、ファンサイトを作って
ファンミーティングなども行なってきたが、アンチファンが継続的にファンサイトに
書き込みをしてきた」と状況を説明。

 続けて「ユン・ウネの父親の実名を挙げて誹謗したり、ユン・ウネがどんな作品に
出演し、どんな活動をしようとも誹謗的な文章を継続的に書きこんだりするアンチ
ファンがいた。 ユン・ウネはこうした人たちに向けて警告をしただけ」と述べた。

 また「我々がファンと対立するはずがない。 しかし誹謗中傷を繰り返すアンチ
ファンに対しては法的訴訟も考えたが、ユン・ウネがそれを止めた」と明らかに
した。

 映画『After Love』に女優ユン・ウネがキャスティングされたことが報道されると、
これに反対するコメントをファンカフェに書き込んだアンチファンに向けた警告文を
ユン・ウネが掲載した。 あるマスコミはそれをファンとの対立が起きていると報道
していた。


WoW!Korea 2014.10.31より



~~~韓国女優注目トピック~~~

テーマ:韓国女優 - ジャンル:アイドル・芸能

ユン・ウネ&パク・シフ、映画『After Love』で共演
女優ユン・ウネと俳優パク・シフが映画『After Love(原題)』の出演を検討中だ。

ユン・ウネ画像20141024
『After Love』の出演オファーを受けた韓国女優ユン・ウネ



 10月24日パク・シフとユン・ウネの各所属事務所関係者によると、2人はオ・イル
ソン監督の映画『After Love』の出演オファーを受けた。

 『After Love』は韓・中・日合作で製作される恋愛映画だ。2人の所属事務所側は
「出演オファーを受けたのは事実だが、確定段階ではない」と知らせた。

 今回のキャスティング関連のニュースは一連の事件で韓国活動を暫定的に休んだ
パク・シフの韓国活動の復帰で話題になった。韓流スターでアジアでの大人気を誇る
パク・シフは、中国映画『香り』に主演で出演して現地観客の好評を得たことがある。
出演が確定する場合、パク・シフは2012年映画『私が殺人犯だ』以後、2年ぶりに
韓国映画界に復帰する見通しだ。

 女優ユン・ウネは監督兼俳優ハ・ジョンウの演出作『許三観売血記(原題)』に出演
して映画界カムバックを知らせた。2011年の映画『マイ・ブラック・ミニドレス』以後3年
ぶりに韓国の観客に会うユン・ウネは『After Love』出演時、パク・シフとラブストー
リーを演じる予定だ。


Innolife.net 2014.10.24より



~~~韓国女優注目トピック~~~

テーマ:韓国女優 - ジャンル:アイドル・芸能

女優ユン・ウネ、ハ・ジョンウ監督作にノーギャラ出演
ユン・ウネが、ハ・ジョンウが監督・主演を務める映画『許三観売血記』にノーギャラで
出演する。

ユン・ウネ画像20140529
映画『マイ・ブラック・ミニドレス』以来3年ぶりにスクリーン復帰する韓国女優ユン・ウネ



 ユン・ウネの所属事務所ザ・ハウス・カンパニー・エンターテインメントが5月28日
発表したところによると、女優ユン・ウネはハ・ジョンウとの長年にわたる親交から、
同作にノーギャラで出演することを決定したという。ユン・ウネはハ・ジョンウの弟
チャ・ヒョヌと教会で知り合い、ハ・ジョンウとも親交を深めてきた。

 ユン・ウネはハ・ジョンウの依頼を受け、小さい役だが出演を快諾し、ノーギャラで
出演する意向を示したという。

 女優ユン・ウネは同作で、ハ・ジョンウが一時心を寄せていた村の娘として登場。
映画では10年後に再会するシーンもあり、特殊メークも施す予定だ。

 『許三観売血記』は来年上半期の公開を目標にしている。


チョン・ヒョンファ記者
STARNEWS/朝鮮日報日本語版 2014.05.29より



~~~韓国女優注目トピック~~~

テーマ:韓国女優 - ジャンル:アイドル・芸能

ユン・ウネ、韓流10周年イベントでのミスに「緊張して忘れてしまいました」
女優ユン・ウネが自身のミスについて言及した。

ユン・ウネ画像20131022
緊張のあまり日本語が出てこなかった韓国女優ユン・ウネ



 10月20日、ユン・ウネは自身のTwitterで「ミスしたことが恥ずかしい^^; 階段を
下りながらあまりにも緊張して忘れてしまいました…すっかり… それでも、たくさん
愛してくださった皆さんにどうしても伝えたかった私の気持ちだけは受け取ってくだ
さい~? もっと謙虚になってまたお返しします。私がいただいた愛を~?」という書き
込みを掲載した。

 ユン・ウネは19日に日本で開かれた「Korean Entertainment 10th Anniversary
Awards in Japan」に参加し、韓国ドラマ大賞の女優部門を受賞した。この日ユン・
ウネ
は日本語で受賞の感想を伝えようとしたが、緊張のあまり「あ、どうしよう」と
話し、口をつぐんだ。

 ユン・ウネの書き込みを見たネットユーザーたちは「ミスを認めるユン・ウネ
可愛いね」 「ユン・ウネ、緊張していたんだね」などの反応を見せた。

 女優ユン・ウネは現在KBS 2TV月火ドラマ『未来の選択』で主人公ナ・ミレ役を
熱演している。


Kstyle 2013.10.22より



~~~韓国女優注目トピック~~~

テーマ:韓国女優 - ジャンル:アイドル・芸能

ユン・ウネ、イ・ドンゴンら出演確定=『未来の選択』
女優ユン・ウネ、俳優イ・ドンゴン、CNBLUEのジョン・ヨンファが今年10月スタート
予定のドラマ『未来の選択』(KBS第2)で共演する。

ユン・ウネ画像20130827
『未来の選択』でヒロインを演じる韓国女優ユン・ウネ



 同ドラマは、放送作家の女性が過去の自分に会い、人生についてアドバイスする
ことから繰り広げられる出来事を描く作品。 放送局のプロデューサー、放送作家、
アナウンサー、ビデオジャーナリストなど、放送業界で働く人たちの仕事と恋愛を
新たな視点から見詰める。

 ユン・ウネはヒロインを演じ、本来の明るくキュートな魅力をアピールする予定。
今年3月に除隊後、出演作を検討していたイ・ドンゴンは放送局の看板アナウンサー、
オレのことスキでしょ。』以来、およそ2年ぶりのドラマ出演となるジョン・ヨンファは
米国のフィルムスクールを卒業したビデオジョッキーで、放送局代表の孫役に
キャスティングされた。


朝鮮日報日本語版 2013.08.27より



~~~韓国女優注目トピック~~~

テーマ:韓国女優 - ジャンル:アイドル・芸能

ユン・ウネ、M・A・Cの口紅モデルに
女優ユン・ウネが世界的なコスメブランド「M・A・C」製の口紅のモデルに起用された。
3月19日、MACコリアが発表した。

ユン・ウネ画像20130319
M・A・Cの新しいミューズに抜擢された韓国女優ユン・ウネ



 ユン・ウネの起用について、M・A・Cコリアは「『ビューティー・アイコン』ユン・ウネ
様々な魅力がM・A・Cのブランドコンセプトとよく合うため、モデルに起用した」と説明した。

 今回公開された広告カットでは、女優ユン・ウネは最新トレンドのホットピンクの口紅で
愛らしさを、オレンジレッドの口紅で強烈さを、柔らかなコーラルカラーの口紅で洗練された
美しさを表現している。


キム・スジン記者
STARNEWS/朝鮮日報日本語版 2013.03.19より



~~~韓国女優注目トピック~~~

テーマ:韓国女優 - ジャンル:アイドル・芸能

ユン・ウネが謙遜発言「かわいくないから何を着てもだいたい似合う」
女優ユン・ウネがルックスに対して謙遜する発言をした。

ユン・ウネ画像20130201
自身を表現する念願の“修飾語”がついた韓国女優ユン・ウネ



 ユン・ウネは先月31日、ソウル小公洞(ソゴンドン)のロッテホテルで行われた
MBC(文化放送)のドラマ『会いたい』の終映関連のインタビューで、ドラマの中で
着用した衣装が話題を集めて“完売女”という修飾語がついた理由を公開した。

 ユン・ウネは「本当にかわいい人はルックスにまず視線がいくが、私はそうでは
ないので“完売女”と呼ばれるようになったんだと思う」とし「母親が誰かに『私の
ウネはどこがかわいいとは言えないが、全体的にただかわいい』と言っていたのを
聞いた。母親の目にもそうなのだから、私は抜群にかわいい顔ではない。 一般の
人はユン・ウネも似合うなら私も似合うのではないかと思って私の衣装やメークを
好むんだと思う」と笑った。

 続いて「スタイリングをするとき、服が華やかならアクセサリーは外すなど調和を
大切にするほう。 リップスティックを濃く塗り、他のメークはほとんどしないとか」と
話し「過度に飾るのはかわいくなくなると思う。 だからポイントをつけること(ファッ
ション・メーク)がより活きるのだと思う」と話した。

 デビュー以来、特定の“修飾語”がなかったことついて、女優ユン・ウネ
「私は以前から修飾語がないのが残念でならなかった。清純とかセクシーとか、
何もなかった。 でもいつの間にかグラビアなどを撮影すると、不思議とほとんど
似合った。何を着ても似合うようで、知らなかった自分の長所を知った」と伝えた。


ISPLUS/中央日報日本語版 2013.02.01より



~~~韓国女優注目トピック~~~

テーマ:韓国女優 - ジャンル:アイドル・芸能

ユン・ウネ「9歳年下のユ・スンホとのメロ演技、罪を犯しているような気分」
女優ユン・ウネ(28)が9歳年下のユ・スンホ(19)とのメロ演技について、「罪を
犯しているような気分」と明かした。

ユン・ウネ画像20121217
「成長した」ユ・スンホについて語った韓国女優ユン・ウネ



 ユン・ウネは12月17日午後2時、京畿道(キョンギド)の楊州(ヤンジュ)文化
動産で行われたMBC(文化放送)の水木ドラマ『会いたい』の記者懇談会で、
「(6年前の)授賞式でユ・スンホと会った縁について、記事が出たのを見た」とし
「衝撃的だった」と話した。

 続いて「成長したスンホには大人っぽいところが多く、演技をしながら幼いと感じた
ことは全くなかったが、過去の授賞式のときに撮影された写真を見て(スンホがとても
幼くて)罪を犯しているような気分になった。 その記事を見てから、演技するときには
おかしな気持ちになった」とし「その記事を読まなかったらよかったのにと思った」と
力が抜けたような様子だった。

 ドラマ『会いたい』は初恋の辛い思い出を胸の奥に抱えて生きてきた2人の男女が
14年ぶりに再会した物語を描く正統派メロドラマ。 パク・ユチョン、ユン・ウネ、ユ・
スンホらが出演し、ドラマ『ありがとうございます』を演出したイ・ジェドンPDと『あなた、
笑って』の脚本家のムン・ヒジョンがタッグを組んだ作品。


ISPLUS/中央日報日本語版 2012.12.17より



~~~韓国女優注目トピック~~~

テーマ:韓国女優 - ジャンル:アイドル・芸能

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。